このブログについてTwitterはこちら

育休手当はいつ・いくらもらえる?妊娠したらすぐに知ってほしいお金のこと

子育て
スポンサーリンク

こんにちは、嫁(@zubodoke)です♪

出産は、とてもお金がかかりますよね。

妊娠したらすぐに知ってほしい出産・育児に関わる制度やもらえる手当について、労務関係の事務スタッフを4年半していた嫁が分かりやすく解説します!

実際に、2人の子供の産休・育休でもらった金額も公開し、それぞれの計算方法も説明します。

\私が実際に支払った金額を公開しています/

嫁

制度の概要を知っているひとは、目次でジャンプ!

 

出産・育児に関わる制度や手当について

まずは、出産・育児に関わる制度や手当について説明します。

加入する健康保険によって、もらえる手当は変わります。

 

産前・産後休業

出産を控える女性が、出産予定日から起算し、産前6週間・産後8週間の間、仕事を休業できる制度です。

 

 産前休業

出産準備期間とし、予定日から6週前以降であれば、本人が希望する日から取得できます。

取得は任意のため、本人が希望すれば出産前日まで働くことが可能です。

 

 産後休業

出産後の産褥さんじょく期の体を休めるために、出産日の翌日から8週間は法律により”働いてはいけない”と決められています。

ただし、産後6週以降で医師が許可を出した場合に限り、早期に復職することは可能です。

 

嫁

産休は出産を控える女性ならパートやアルバイトでも取得できます

 

以下、産前・産後休業については、産休と略して書いていきます。

 

出産手当金

産休中、会社から給与が出ない場合、加入している健康保険組合から手当がもらえます。

ご主人の扶養に入っている・国民健康保険に加入している場合は、もらえません。

 

産前42日分+産後56日分の計98日分の手当をもらうことができ、出産日が予定日より遅くなった場合は、遅れた日数分を加算してもらえます。

嫁

出産日は、産前に含めて計算しますよ。

 

 出産が、予定より早くなった場合は?

予定日より早く産まれた場合、実際の出産日より42日遡って計算をします。

ただし、その期間に給与の支払いがあった日は除外されます。

予定日より、4日早く産まれた場合
・出産予定日:4/24
・産休開始日:3/14
・出産日  :4/20

産休開始は3/10~となり、3/10~3/14の間に給与の支払いがあった日(出勤・有休)は除外されます。

 

 出産が、予定日より遅くなった場合は?

予定日より遅く産まれた場合、本来の産休開始日42日+遅れた日数分で計算をします。

予定日より、4日遅く産まれた場合
・出産予定日:4/24
・産休開始日:3/14
・出産日  :4/28

「3/14~4/24の42日間」+「遅れた4/25~4/28の3日分」=45日間が産前の期間となります。

 

嫁

出産日が早くなっても遅くなっても、産後休業は出産日の翌日から56日間です。

産前の期間だけが変わります。

 

 

出産育児一時金

加入する健康保険から、出産時にかかる費用の補助として1児につき42万円がもらえます。

ご主人の扶養に入っている・国民健康保険に加入している場合でも、もらえます。

(出産する産院が、産科医療補償制度に加入していない場合は、40.4万円)

 

加入する組合によって、【付加給付】として、プラス1万~5万支払われることもあります。

支給条件
妊娠12週以上で出産をしたこと
(早産、死産、流産、人工妊娠中絶も支給対象)

本人支払い・直接支払いの2つの支払い方法があります。

 

 本人支払い制度

出産にかかる費用を、本人が全額産院へ支払い、後日健康保険へ請求する方法

 

 直接支払い制度

産院と健康保険が事前に契約し、直接金銭のやり取りをしてくれる方法

本人は、実際にかかった金額から、42万円を差し引いた分のみを産院へ支払うため、負担が少なく済みます。

 

嫁

ほとんどの産院で「直接支払い制度」を利用できますが、事前に産院に確認しておきましょう!

 

 

育児休業

いわゆる「育休」といわれるもので、産休終了~子供が1歳になる前日までの間、育児のために仕事を休むことができる制度です。

1歳の時点で、認可保育園に入れないなど預け先が決まらない場合は、1歳6ヶ月まで延長できます。

また、1歳6ヶ月の時点で同様に預け先がない場合は、2歳になる前日まで再延長できます。

 

取得条件
・同一の事業主に1年以上、雇用されている
・子供が1歳6ヶ月になるまでの間に、雇用関係が終了しない

条件に当てはまれば、パート・アルバイト・契約社員でも取得可能です。

ただし、下記のような場合に1つでも当てはまると取得できないので、注意が必要です。

 取得できない条件
・日々雇用の人
・所定労働日数が週2日以下の場合
・雇用期間が1年以内
・1年以内に雇用関係が終了する(退職する)

 

嫁

似た言葉の「育児休暇」は、企業が独自で定めるものです。
1年未満の雇用期間の人でも取得できる・最長3年取得できるなど、企業によって内容は様々です。

以下、育児休業については、育休と略して書いていきます。

 

育児休業給付金

育休中、給与が休業開始時と比べて 80%未満に減った場合、雇用保険(ハローワーク)から手当がもらえます。

支給条件
・1歳未満の子を養育するために、「育児休業」を取得している
・育児休業を開始した日の前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある完全月が 12ヶ月以上あること

 

嫁

この2つ目の条件が少しややこしいので、詳しく解説します!

 

 

「賃金支払基礎日数が11日以上ある完全月 が12ヶ月以上あること」とは?

悩んでいる人

1ヶ月に働いた日数が11日以上ある月が12ヶ月分あればいいんでしょ?

 

これが、違うんです!

ここでいう1ヶ月とは、育児休業開始日の前日から起算して1ヶ月単位で区切った期間を指します。

具体的な例で説明します。

育児休業の開始日前日が3/14の場合
・2/15~3/14
・1/15~2/14
・12/15~1/14

この開始日前日から起算して遡った期間毎に働いた日数が11日以上あるかを確認し、11日以上働いた月が12ヶ月以上必要となります。

「12/1~12/14」など1ヶ月に満たない期間は、完全月に含みません。

 

嫁

私が担当した人に、出産日が早くなったことで、この条件に当てはまらず、支給対象外になった人がいます。

雇用期間が2年未満の人は、この条件について注意が必要です。

 

傷病手当金

ケガや病気で仕事にいけなかった場合、健康保険より手当をもらうことができます。

ご主人の扶養に入っている・国民健康保険に加入している場合は、もらえません。

この傷病手当は、妊娠によるつわり(妊娠悪阻)・切迫早産でも申請をすることができます。

ただし、医師の診断が必要となります。

支給条件
・業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
・仕事に就くことができないこと
・連続する3日間を含み4日以上仕事に就けない場合、4日目から支払われる
・休業した期間について給与の支払いがないこと
(有休をあてがった場合は、その日数分は請求できません)

※加入する健康保険組合によって、条件が変わることがあります。

嫁

通常のつわりでは申請できません。

「妊娠悪阻」といわれる医師の診断が必要です。

 


ここまでは、制度について説明をしてきました。
次に、私が実際にもらった金額を公開します!

スポンサーリンク



 

実際いくらもらえるの?産休・育休でもらった金額を公開!

悩んでいる人
悩んでいる人

実際、産休や育休の時は、いくらもらえるの?

 

自分が一体、いくら手当がもらえるのかって気になりますよね。

私が、2人の産休・育休中にもらった実際の金額を公開します!

また、それぞれの手当の計算方法や、支給されるタイミングもわかりやすく説明していきます。

1人目の産休・育休手当は【約290万】

・契約社員(産休に入る時点で、6年9ヶ月在籍)
・2017/10に出産、予定日より6日遅れ(産休開始2017/8/23~)
・1歳の時点で保育園に入所NG→育休を延長し1歳5ヶ月まで取得

年月手当金額
2018年3月出産手当金693,368円
2018年3月育児休業給付金340,010円
2018年5月育児休業給付金340,010円
2018年7月育児休業給付金340,010円
2018年9月育児休業給付金253,740円
2018年11月育児休業給付金253,740円
2019年1月育児休業給付金253,740円
2019年3月育児休業給付金253,740円
2019年5月育児休業給付金164,931円
合計 2,893,289円

2019年5月支給分は、2019年の3月半ばから2人目の産休に移行したので、その分手当の額が減りました。

嫁

まぁまぁな金額もらってますね!!

 

2人目の産休・育休手当は【約200万】

・1人目の育休中に、2人目を妊娠
・予定日が2019/4、産休開始2019/3/14~のため、復職せずに2人目の産休を取得
・予定日より、20日早く出産

年月手当の項目金額
2019年7月出産手当金522,634円
2019年8月育児休業給付金331,086円
2019年10月育児休業給付金331,086円
2019年12月育児休業給付金331,086円
2020年2月育児休業給付金247,080円
2020年2月育児休業給付金247,080円
2020年4月育児休業給付金247,080円
合計 2,257,132円

2020年10月まで育休を延長しているので、あと3回手当が支給される予定です。

 

悩んでいる人
悩んでいる人

自分はいくらもらえるんだろう?

支給されるタイミングはいつ?

 

 

次からは、それぞれの手当の計算方法や振り込みのタイミングを説明していきます。

 

出産手当金の計算方法

出産手当金は、1日あたり標準報酬日額の2/3がもらえます。

標準報酬日額についてと、実際の支給額の計算方法を説明していきます。

計算ツールを利用して、だいたいの金額を調べることも可能です。

標準報酬日額とは?

「標準報酬月額」「標準報酬日額」という言葉は聞いたことはありますか?

標準報酬月額とは、毎月の社会保険料(健康保険・厚生年金)を決めるために設けている区分で、毎年4月~6月の給与等の平均で決まります。

この標準報酬月額を30で割ったものが、標準報酬日額です。

標準報酬月額は、その年の9月から翌年8月まで適用されます。

 

嫁

産休開始月によって、適用される標準報酬月額が変わることがあります。

 

 

実際に【出産手当金】を計算してみよう

1人目の時の、出産手当金を計算してみます。

2016年4月~6月の給与の平均が、291,486円
この額を標準報酬月額表に当てはめると、標準報酬月額は300,000円 標準報酬日額=300,000円÷30=10,000円 1日あたりの支給額=10,000円×2/3=6,667円(1円未満は四捨五入) 出産手当金=6,667円6,667円×104日(産前42日+産後56日+遅れた6日)=693,368円
嫁

標準報酬月額を計算するときの給与は、役職手当・残業・通勤手当も含みます

 

育児休業給付金の計算方法

育休手当は、休業開始前6ヶ月間の給与の総額を180日で割った休業開始時賃金日額×支給日数(30日)分が基準となります。

休業開始から180日までは休業開始時賃金の67%、181日以降は50%が支払われます。

 

休業開始前6ヶ月間については、1ヶ月のうち有休を含む働いた日数が11日以上ある月を合計します。

切迫早産や悪阻などで、11日未満の勤務になった場合は、その月を除外して6カ月分遡ります。

悩んでいる人
悩んでいる人

なんだか難しい・・

 

なかなか、分かりにくいですよね。

実際に計算してみると分かりやすいので、見てみましょう。

実際に【育児休業給付金】を計算してみよう

1人目の時の、育休手当を計算してみます。

休業開始前6ヶ月間の給与の合計が、1,522,440円

 

休業開始時賃金日額=1,522,440円÷180日=8,458円

 

休業開始時賃金=8,458円×30日=253,740円

 

休業開始から180日までもらえる金額=253,740円×67%=170,005円

 

181日以降にもらえる金額=253,740円×50%=126,870円

申請は2ヶ月ごとに行うため、それぞれの倍額が2ヶ月おきに振り込まれます。

 

なぜ、1人目と2人目で手当の額が違うのか?

1人目と2人目で、それぞれの手当を計算する際の対象となる給与に違いがあったために、大幅な差が発生しました。

 出産手当金の差が発生した原因は、【標準報酬月額の差】

それぞれの標準報酬月額は、

・1人目:300,000円

・2人目:240,000円

1人目の産休前の4月から体調面や引継ぎなどを考慮して、時短勤務に切り替えました。

ただし、産休が8月からだったので、1人目は時短勤務にする前の標準報酬月額が適用されました。(標準報酬月額の適用期間は、9月~翌8月)

2人目の時は、時短勤務にしたことにより下がった標準報酬月額が適用され、15万もの差が発生。

 

嫁

こんなに差がでるとは思っていなかったので、びっくりしました!

 

 

 育児休業給付金の差が発生した原因は、【産休前に働いた日数】

育休手当の計算時に基準となる【休業開始時賃金】の計算時の条件は、

・産前休業が含まれる前の月から6ヶ月遡る

・1ヶ月のうち有休含む働いた日数が11日以上ある月を合計

この2つの条件から、それぞれ計算する6ヶ月の期間に1ヶ月のずれが発生。

・1人目:2017年2月~7月

・2人目:2017年3月~8月

月の途中から産休に入った2017年8月より、2017年2月のほうが給与が高かったため、2人目の給付金が減ってしまいました。

 

嫁

1人目と2人目で、給与が減った場合はもらえる手当の額が減るので、要注意!

 

 

手当はいつ振り込まれるの?

仕事を休んでいる間、給与はないし、子供が生まれると必要なものが多くてどんどんお金がなくなっていく・・・

悩んでいる人
悩んでいる人

いつになったら、振り込まれるの~?!

 

産後、なかなか手当が振り込まれないため、「いつ振り込まれますか?」と連絡してくるママさんがとても多かったです。

ここでは、産休・育休手当がいつ振り込まれるのかを説明していきます。

 

出産手当金は、すぐもらえない?

出産手当金は、産後すぐもらえると思っている方が多いです。

しかし、残念ながら振り込まれるまで早くて約3カ月かかります。

これは、産休が終了後に会社から健康保険へ申請、健康保険で審査後に振り込まれるためです。

 1人目の出産手当金が支給されたタイミング
・産休終了:2017/12/4
・勤怠締め:2018/1/15
・健康保険組合に提出:2018/1下旬
・2018年3月上旬に支給決定通知書が届き、6日後に振込

出産手当金の申請用紙には、勤務状況を記載する欄があります。

そのため、産休が終了した月の勤怠(給与)締め後に申請となります。

 

この勤怠締めのタイミングによって、3ヶ月で支給されることもあれば、私のように5ヶ月かかることもあります。

会社によって、給与の締め日や申請のタイミングは違うので、気になる人は事前に確認しておきましょう。

場合によっては、産前休業と産後休業を分けて申請することもできますよ。

 

嫁

2人目は産休終了がちょうど月末だったので、3ヶ月後に振り込まれました!

 

 

育児休業給付金は、いつ振り込まれる?

育休開始後、2ヶ月毎の申請となり、振り込まれるまで2ヶ月と少しかかります。

 

出産手当金と同じく、申請書に2ヶ月分の勤務状況を記載する欄があるため、2ヶ月分の支給対象期間を過ぎてから、会社からハローワークへ提出、ハローワークにて支給決定後約1週間後に振り込まれます。

 2人目の育休手当の支給タイミング
支給対象【2020/2/1~2020/3/31】分
※私の育休の期間は、毎月1日始まり

・4/2 人事へ「育児休業給付金支給申請書」を提出

・4/17  振込

平成30年10月1日より、育休開始時に同意書を提出すれば、2回目以降の「育児休業給付金支給申請書」を出す必要はなくなりました。

嫁

私は、副業の時間を申告するために、毎回申請書を提出しています。

 

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それぞれの申請などは、実際に産休に入る前に人事や担当から説明があると思います。

ただ、このような手当や制度については、妊娠してすぐ知っておくほうがよいと私は思います。

事前に自分がもらえる手当の額や支給タイミングを知っておくことで、産前産後のお金の計画が立てやすくなりますよね。

また、仕事を続けるべきか、育休の取得期間、復職のタイミングなどを前もって考えておくことも、とても大切なことだと思います。

この記事が、少しでもあなたの役に立てば幸いです。

 

\応援してくれると励みになります/
◆ ブログランキング参加中 ◆
にほんブログ村 子育てブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました