このブログについてTwitterはこちら

住宅ローン返済記【2020年返済計画】

住宅ローン
スポンサーリンク

一級建築士のどけちな旦那です!

COVID-19が怖いです。

 

我が家の住宅ローンは、完済まで残り32年強あります。今まで生きてきた時間に匹敵するので恐ろしいです。

我が家では、住宅ローンを変動金利で借り入れているため、金利上昇のリスクが常にあります。

そんな住宅ローンと上手に付き合うため、完済までの繰り上げ返済額や返済時期を詳細に検討し、返済計画を作成しています。

今年(2020年)の返済分を切り取って紹介します。

住宅ローン返済計画

 返済日返済金額元金利息額残高
通常1/3093,88775,47918,40832,895,629
繰上2/03183,742181,3272,41532,714,302
通常2/2990,71875,10515,61332,639,197
繰上3/0311,79710,0001,79732,629,197
通常3/3091,29575,12416,17132,554,073
通常4/3093,34175,16518,17632,478,908
繰上5/0110,59610,00059632,468,908
通常5/3092,46875,18417,28432,393,724
通常6/3093,31275,22618,08632,318,498
繰上7/0110,59310,00059332,308,498
通常7/3092,44375,24517,19832,233,253
通常8/3093,28375,28717,99632,157,966
通常9/3093,28375,32917,95432,082,637
繰上10/0110,58810,00058832,072,637
通常10/3092,42075,34717,07331,997,290
通常11/3093,25475,38917,86531,921,901
繰上12/0110,58510,00058531,911,901
通常12/3092,39575,40816,98731,836,493
合計1,350,0001,134,615215,385

年間の返済総額を135万円に固定し、繰り上げ返済額で調整しています。


まとめ

この返済計画は、金利上昇のリスクヘッジをすると共に、支払い利息を最小限に抑えることができる返済方法を生み出しました。

リスクヘッジとは、起こりうるリスクの程度を予測して、リスクに対応できる体制を取って備えること

詳細は、後日、記事にしますが、繰り上げ返済の方法を「返済額軽減型」にすることや、「年Total20万円程度の繰り上げ返済」「コンスタントに1万円の繰り上げ返済」など、全てに意味があるので、乞うご期待下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました