このブログについてTwitterはこちら

我が家の貯蓄法

スポンサーリンク

旦那です!

最近、海外ドラマ「ウォーキングデッド」にハマっています。

戦争によって生まれたインターネット・携帯電話が無くてはならないものになった昨今、Webで「貯蓄方法」「お金の貯め方」等 検索すれば、

  • 先取り貯蓄法
  • 使用用途に分けた口座別管理法
  • 封筒仕分け法

様々な、やりくり術を知ることができるようになりました。

我が家の管理する銀行口座は、軽く10口座を超え、投資や住宅ローン、カード引落し等によって、頻繁に資金移動をするため、先取り貯蓄法口座別管理法が出来ない状況です。

先取り貯蓄法が出来ないもう一つの要因は、わたしの月給だけでは、赤字家計になるため、先取るお金がありませんw

口座別管理法のデメリットは、銀行口座に入金しっぱなしの1万円は、1万円にしかならないことです。(当たり前ですが)

よって、お金に働いてもらいます。=投資ですね。

少なくとも、政府の目標とする物価上昇率2%程度は、貯蓄を増やしていかなければ、相対的に貧乏になります。

インフレに備えて、金利の付く資産が一定程度は必要という事です。

封筒仕分け法は、キャッシュレス化を導入している我が家にとっては、時代に逆行する古典的な手法だと思っています。

では、どのように貯蓄しているのかというと、

シンプルに徹底的な支出監理のみです。

日々、何か削ることが出来ないか、どこで買うが安いか、これは本当に必要なのか、常に自問自答し、考ることを怠らず、嫁にも口酸っぱく言いますw

常にアンテナを張り、少しでもいい情報があれば検討(リスク管理)して、恐れず試します。

例えば、電力自由化によって、好きな電力会社を選べるようになったので、我が家では2年間の間に4回乗り換えました。

管理方法は、PCとスマートフォン両方で使える家計簿アプリ「zaim」を夫婦で共有し、キャッシュはエクセルで毎月集計し、見える化をしています。

口座数が多いため、毎月最低2回は、どの口座にいくら入ってるか確認をし、キャッシュフロー(お金の流れ)を確認することが日課となっています。

マメではありません。ミニマリストでもありません。そこそこ贅沢もします。

ただ、ケチなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました